アダルト総合研究所

苺みるくが自殺していた

苺みるくが亡くなったそうです。
「3週間ほど前に、うつ病を患っていた彼女が中野の自宅で・・・。」と週刊新潮が伝えています。

苺みるく

一度目の復帰を果たした2005年当時の苺みるく

そういえば、去年の6月に、当サイトのコラムで「苺みるくがデリヘルに」という記事を書き、一時期姿を見なくなっていた彼女が、東京のデリヘルで働き始めたこと、また、久しぶりにAVにも出演したことなどをお伝えしました。

ただ、それから間もなくデリヘルは退店し、AVの方も本格復帰とはならなかったようです。

思い起こせば、10年ちょっと前に、AVデビューした苺みるくを初めて見たときは衝撃的でした。
AV女優のレベルが今ほど高くなかった当時、苺みるくのルックスとスタイルは、抜群のものがありました。

そして、今では、ごく普通の女の子が、AVに出演することが当たり前のようになっていますが、10数年前はAV女優といえば、まだまだ特殊な世界の人で、そんな中、それまでのAV女優とは少し違う "普通っぽさ" を持っていたのが苺みるくでした。

そんな彼女に、私だけでなく、多くの人が魅了されました。
2001年には、「Adult Video GRANDPRIX」で最優秀女優賞も受賞しています。

受賞直後のインタビューを見ても、欲や飾ったところのない、「どこにでもいる女の子」といった印象を受けます。

しかし、その普通っぽさが、AVの世界で生きていく上では、もしかすると不向きだったのかも知れません。

さらに、2005年には、当時付き合っていたプロ野球選手との関係を雑誌に書かれ、交際のもつれから自殺を図ったりしたことも、AV業界と距離を置く一因となりました。

その後、AV業界への2度の復帰と、続かない活動。同じく、風俗で働いてみたものの、すぐに退店。といった経緯からも、苺みるくの精神的な不安定さと、「自分の居場所」を見つけられないでいる姿を察することが出来ます。

亡くなる前、うつ病を患っていたという苺みるくは、もしかすると、AV女優という人生を選んだことを後悔していたのではないか?
そんな気がしてなりません。

もしそうだとしたら、私を含め、世の多くの男性が、どれほど彼女に魅了され、憧れたかということを、31歳という若さで自ら命を絶った、天国にいる苺みるくに伝えたいと思います。

シロウトTVのあすな

シロウトTVのあすなちゃん
この子の顔とカラダとセックスは
スゴイです!完璧です!
この作品の鑑賞記はこちら

東京熱歴代モデルBEST30

当サイトの管理人のブログ
「東京熱会員日記」にて
歴代東京熱モデルの
個人的ベスト30を掲載しています

カリビアンコム歴代AV女優個人的BEST50

カリビアンコム歴代AV女優
個人的BEST50

天然むすめ歴代シロウト女子個人的BEST30

天然むすめ歴代シロウト女子
個人的BEST30